ピルは避妊として用いるだけではなく、月経痛や月経周期の改善、ニキビや多毛症改善などの効果もあります。女性にとってはメリットが多いピルとなっていますので、これから詳しくお伝えしていきます。

新宿で献血する場合、ピル服用時は医師の確認をとります

人間は血液がなくては生きていけないのです。
病気やけがで手術をするとき、血液が必要になってくることは珍しくありません。
そこで、新宿などの都心で、献血がよく行われているのです。
献血は、健康な人が血液を提供するボランティア活動です。
もし、献血を希望する人が、そのときに体調不良であったり、あるいは、薬を飲んでいたりすると、断られることがあります。
また、薬を飲んでいていても、問題なく献血ができるという薬もあります。
たとえば、極めて一般的な胃腸薬などやビタミン剤などは、何ら支障がありません。
ただし、それ以外の薬の場合は、注意しなければなりません。
医師に尋ねて、指示を待つことが求められます。
もし、ピルを飲んでいるとしたら、献血はできるのでしょうか。
結論としては、低用量ピルを服用している場合であれば、基本的には差し支えありません。
つまり、避妊の目的や月経困難症、更年期障害の改善などにために服用している場合は、問題ないと言われるでしょう。
それが、中用量ピルの場合は、月経移動や機能性出血のために飲んでいるのであれば、大丈夫だと言われています。
ただし、緊急用ピルを飲んでいるのであれば、断られるかもしれません。
ケースによっては、服用後3日間は、献血を見合わせるように言われる可能性もあります。
というのは、緊急用ピルは、一般のピルとは違って、避妊で不手際があったときに、妊娠を避けるとの意味合いで飲むものなのです。
たとえば、性交後72時間以内に飲めば、約90%の確率で避妊できる、というものもあります。
ピルを処方するクリニックは、新宿にはたくさんあります。
また新宿以外にも、多くのクリニックがピルを処方していますが、必ず医師の指示に従って服用する必要があります。