ピルは避妊として用いるだけではなく、月経痛や月経周期の改善、ニキビや多毛症改善などの効果もあります。女性にとってはメリットが多いピルとなっていますので、これから詳しくお伝えしていきます。

ピルの種類ごとに変わる服用期間

ピルは女性の体内に存在している卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2つのホルモンの濃度を擬似的に多くする目的で服用するものです。
これらのホルモンは、女性の生理周期と大きく関係していますので、生理と同じく28日間の周期で服用期間を考えるのが基本ということになります。

そのなかでも、生理のはじまりから21日間毎日服用して、服用期間の最後に7日間だけ服用を休むという種類のものは、一相性ピルとよばれており、どの錠剤であっても、含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分量はいっしょになっています。
ホルモンの量がいっしょであるということから、たとえ飲み忘れがあった場合でも、後からできるだけ早い段階で追加で服用するようにすれば、避妊効果が途切れずに済むという可能性も高いものです。

こうした種類のほかにも、最近よく使われているピルのなかには、28日間の服用周期のなかで、毎日錠剤を服用するというものがあり、これらは段階型ピルとよばれています。
段階型ピルは、服用期間のなかのそれぞれの錠剤における卵胞ホルモンと黄体ホルモンの含有量が異なっており、まったくホルモンが含まれていないような錠剤も含まれています。
これは服用するホルモンの総量を少なくするための工夫でもあり、結果として一相性の種類のピルよりも、吐き気・嘔吐、頭痛、腹痛、不正出血などといった、ピル特有の副作用が少なくなるといったメリットを得ることができます。
ただし、時期に応じて服用すべき錠剤が違うため、飲み忘れたときはやっかいです。

なお、いずれの種類についても、飲み忘れが3日以上の間隔に及んでしまった場合、避妊効果がなくなってしまう可能性が高いため、次の生理周期が訪れるのを見計らって、また同様にはじめから服用することが必要となります。