ピルは避妊として用いるだけではなく、月経痛や月経周期の改善、ニキビや多毛症改善などの効果もあります。女性にとってはメリットが多いピルとなっていますので、これから詳しくお伝えしていきます。

ピルの服用に慎重な判断が必要とされるケース

避妊薬としてだけではなく月経痛や月経不順など女性が抱きやすい悩みを解消する薬としてピルは使われることがありますが、誰でもが服用できるという薬ではなく、人によっては服用が出来なかったり、慎重な判断が必要とされるケースがあります。
まずピルが服用できないケースというのは、ピルに含まれている成分に過敏に反応したり、その作用によって症状が悪化する病を患っている時などです。
またピルを服用することで起こりえる重篤な副作用として血栓症がありますので、家系的や疾患などによって血栓が起こりやすい体であったり、35歳以上で1日15本以上の喫煙をするなど血栓が起きやすい状態にある方も服用は絶対的禁忌とされています。
上記のように絶対的禁忌とされるケース以外に医師による慎重な判断が必要とされるケースがあり、それを相対的禁忌といいます。
例えば、40歳を超えると心血管系障害を患いやすくなりますので、それを助長してしまう可能性があるピルの服用には注意が必要となります。
また肥満体型であったり、喫煙歴が長いと高血圧や動脈硬化が進んでいる可能性が高く、血栓症を引き起こす確率が高くなるため、処方時には慎重さが求められます。
ピルは基本的に低用量であれば、ほとんど重篤な副作用はない薬ですが、人によってはこのように服用の際に慎重さが求められるものでもあります。
そのため、薬代の負担をおさえようと自分は大丈夫だろうという安易な判断でインターネットなどで購入して、使用することはリスクが高いといえます。
ですので、自分がピルを服用して大丈夫なのかどうかを知るためにも、まず一度病院できちんと検査を受けて、医師の判断で処方をしてもらうことが安全のためにも重要です。