ピルは避妊として用いるだけではなく、月経痛や月経周期の改善、ニキビや多毛症改善などの効果もあります。女性にとってはメリットが多いピルとなっていますので、これから詳しくお伝えしていきます。

ピルのむくみには卵胞ホルモンも関係している

よりきちんとした避妊効果を求めてピルを飲むという選択をする女性も増えてきています。避妊ができるだけではなくて、いろんな効果があります。メリットもデメリットもあるのですが、場合によってはむくみが出てくることもあります。

ピルを飲むと、擬似的な妊娠状態を作り出されるので排卵が行われなくなります。卵胞ホルモンや黄体ホルモンが配合されているので、このような状態になっていくのです。そのため、もしもピルを服用してみてむくみが起こるという時には、実際に妊娠をした時にも同じようにむくみやすくなる可能性があるといえるでしょう。

日常生活を行う上で、卵胞ホルモンや黄体ホルモンについて意識する事はありません。けれども、ピルを服用しているときにはこれらに関しては多少の知識があったほうがいいでしょう。もっと自分の体の状態やどんな風に変化が起こるのかということを知るいいきっかけにもなります。

病気の治療等でピルを処方された時には、むくみなどが出ても我慢して飲むことが多いのですが、もし避妊効果を求めて飲み始めたという場合には、あまりにも症状が酷いようなら医師に相談して違う種類を服用してみるのもいいでしょう。ピルにも合う合わないというような個人差があるのです。

女性ホルモンも卵胞から作られます。そのことを思うと、ピルはよく出来た薬だと思えてくるのではないでしょうか。女性が自分で望まない妊娠から身を守る手段として、認知されつつあります。病院での処方が基本となりますが、場合によっては手に入り難いものなどは個人輸入を使うこともあるでしょう。きちんと正しく用法を理解した上で、自分に合ったピルを探して服用を続けていきましょう。