ピルは避妊として用いるだけではなく、月経痛や月経周期の改善、ニキビや多毛症改善などの効果もあります。女性にとってはメリットが多いピルとなっていますので、これから詳しくお伝えしていきます。

ピルによる排卵の抑制と金額について

ピルとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれている女性ホルモン剤で、排卵を抑制し女性の身体を妊娠に近い状態にするため、主に避妊の目的で使用されています。
ピルは服用を始めるとまず排卵を抑制し、次に子宮頸管粘液を変質させて精子の子宮内への侵入を低減させます。
そして最後に子宮内膜を変化させる事で受精卵の着床を抑制し、妊娠するリスクを回避します。
ピルは生理一日目を初日とし毎日一錠継続的に飲み続ける事が効果を得るための必須条件ですが、排卵に波がある、生理が不定期な女性などは思うような効果を得られない場合があります。
また避妊以外の用途として、女性ホルモンが含まれているので月経の困難な女性に対して症状を改善するために処方される事もあります。
ただし避妊目的であっても月経困難症改善目的であっても副作用のリスクが伴います。
重大なリスクとしては血栓症や肝機能障害、発がん率のアップが挙げられます。
その他にも軽微なリスクとしては体重の増加、吐き気や偏頭痛、イライラ、むくみ、性欲減退などがあり、場合によっては服用を中止する事があります。
日本で処方されるピルには21錠入りのものと28錠入りのものがほとんどで、効用に違いはありません。
錠数の違いは飲み忘れ防止の偽薬が含まれているかいないかです。
処方には医師の処方箋がいるため、産婦人科の受診が必要です。
ピルの処方は保険が適用されないので全て自費負担となります。
金額は初回は検査が必要なため約一万円程度、薬自体の金額は1シート1か月分で約3000円前後です。
この金額を高いと捉えるか安いと捉えるかは個々それぞれですが、女性の側から能動的に避妊できるといった点においてピルは非常に有用だと考えられます。