“もっと知ろう“ピルの効果

ピルは避妊として用いるだけではなく、月経痛や月経周期の改善、ニキビや多毛症改善などの効果もあります。女性にとってはメリットが多いピルとなっていますので、これから詳しくお伝えしていきます。

女性にとってメリットの多いピル

ピルには、種類がありますが、なかでも低用量ピルは、女性の卵巣で作られるエストロゲンとプロゲステロンが少量ずつ含まれており、この2つのホルモンが脳下垂体に働きかけることで、卵胞を成熟させるホルモン分泌を抑制できます。
そのため、排卵がとまり、避妊が可能になります。
毎日1回同じ時間に服用することで、ほぼ100%の避妊効果が得られます。
ただし、性感染症を防ぐことは、できないため、コンドームも併用する必要があります。
服用をやめれば、妊娠することができ、服用中止後から妊娠までの期間が遅くなることはありません。

低用量ピルは、避妊以外にも、生理痛の軽減や生理不順の改善、月経前症候群の緩和などの辛い症状を改善することができます。
ピルを飲むことで、子宮内膜が厚くなりすぎないうちに生理が始まるため、出血量が減り、子宮収縮も抑えられるため、生理痛が軽くなり、子宮内膜症にもなりにくくなります。
また、規則正しい28日周期で整理が来るようになるため、生理不順も改善されます。
1ヶ月前から調整することで、生理になる日を移動させることができるため、旅行や試験など大事なイベントの時にも便利です。

ピルを飲み、ホルモンバランスを整えることで、生理前のニキビや肌荒れなども減ります。
男性ホルモンの作用を抑えるため、ニキビや多毛症を減らしたり、更年期症状や骨粗鬆症を予防する効果も期待できます。
ニキビは、黄体ホルモン量が上昇することで、皮脂分泌が活発化することで出来やすくなります。
ホルモンバランスを整えることで、肌トラブル改善効果も期待できます。

長期服用することで、乳房良性疾患の予防や骨盤内感染症の予防、子宮体がんの予防なども期待できます。
ピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を保護するため、子宮体がんにかかるリスクが低下し、子宮頚管粘液が変化するため、精子だけでなく最近やウイルスの子宮への侵入を防いでくれます。
そのため、不妊の原因になる卵管炎や骨盤内感染症などに掛かりにくくなるため、不妊の予防にもつながります。